猫を飼いたいならそのつもりで家づくりを!

猫を飼いたいと思っているのでしたら、最初から「猫を飼う家」というものを想定して家づくりをした方がいいですよ。後から「猫を飼う家」にしようとしても、かえってリフォーム代が高くつくというものです。

それに「猫を飼う」ということをなんとなくでも想定して、マイホームの間取りを考えないことには、猫を飼うことによってストレスを抱えることになりかねませんからね。潔癖症ではなく無類の猫好きだというのでしたら、どうとでも家の中で猫は飼えるかも知れませんが。

「家族が猫を飼いたいとか言うから仕方なく…」と、いったレベルの猫への感情だというのなら、なおのこと猫を飼うことを想定して間取りを考えて行った方がいいですよ。

たとえば「猫のトイレはどこにおくのか?」ですとか、「猫のケージをおくならここにしよう」と、いったように、猫を飼うとなった際にも生活スペースに困らないように、家づくりを行いましょう。なんだったら、猫を閉じ込めておく(と、言ったら、言い方が悪いですが)猫部屋を小さくてもいいので一室設けてもいいかも知れませんね。夜の鳴き声がうるさい時や凶暴化した際に助かる部屋となることでしょう。

PR:群馬県前橋市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室