注文住宅で家族が笑顔になる家ができました

祖母が同居をすることになり、注文住宅で家を建てました。

建て替える前の家は築20年以上の古い家で、リフォームするか建て替えるかで悩みました。祖母は足が悪いので、玄関やバスルームなどをバリアフリーにする必要があります。そこ以外にも段差がたくさんあり階段も使いにくいので、リフォームの見積価格は考えていたよりも高くなってしまいました。そのため、「ここまでお金がかかるのなら建て替えよう。」と言うことになしました。

家族みんなで話し合った結果、次のような家にしようと言うことに決まりました。玄関は車いすでも入りやすくするため段差をなくし間口も広くする、祖母の部屋は玄関やバスルームやトイレから近い1階の日当たりのよい場所にする、廊下やリビングなど入り口を広くして車椅子で移動しやすくする、などを基本にして設計をしてもらいました。

家が完成したので、祖母も一緒に家の中を見て回りました。バリアフリーにしたおかげで、家の中を足の悪い祖母でも移動しやすくつまずく心配が少なくなりました。廊下や部屋の入り口を広くしたので、祖母だけではなく私たちにも使いやすい家になりました。

部分的に直しただけでは、ここまで使いやすくすることはできませんでした。住む人に合わせた家づくりができる注文住宅にして正解でした。家族みんなの笑顔が絶えない家が完成しました。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室